No.02

タカナシ乳業株式会社
× MAXICON

  • 酪農購買部
  • 渡邉 浩

横浜に本社があるタカナシ乳業株式会社様は、明治時代の横須賀での牧場経営から始まりました。
1946年に現在の母体となる会社を設立され、以来、牛乳を筆頭に、クリーム、ヨーグルト、チーズなどの「おいしく、安心で、安全で、身体によく、環境にやさしい商品」を徹底した品質管理のもと、全国展開されています。

渡邉 浩氏
外観

マキシコンの事業開始当初からのお付き合いで
一緒に課題を解決してきました

マキシコンのお取引は、事業として立ち上げされた当初に始まったと聞いておりますので、かれこれ20年になるでしょうか。導入してまもなくは、いろいろな課題に直面し、問題が発生するたびに双方で解決していったと聞いております。
今では使用量も増え、北海道の乳製品工場にて製造された生クリーム等の液状製品を充填し、全国の食品製造関連のお取引先様へ配送する手段の一つとしてマキシコンを利用しています。

食品メーカーにとって、まずは衛生的であることが
マキシコンを利用する最大のメリットです

マキシコン利用の第一のメリットとしては、衛生面です。乳製品に直接ふれる内袋は常に新品ですし、充填・排出の際も衛生性を損なうことがありませんので、安心して使用できます。
また、外装コンテナが折りたたみ可能という点も、限られたスペースを有効に利用できるので助かっています。製造スペースが狭くなると危険箇所が増えることに繋がりますから、安全衛生という観点からも非常にありがたいです。

工業
マキシコン

今後もマキシコンに期待したいと思います

今後期待したいことについては、強いて申し上げれば外装コンテナの軽量化でしょうか。もちろん現行品が重すぎるというわけではないのですが、より少ない力で組立てが出来るようになると、作業者の負担もその分軽減されます。
また、マキシコンは段積みが可能なため配送効率面でも助かっておりますが、軽量化されればさらに効率があがりますので、実現していただけるとうれしいです。

FOOD No.02
  • 商 号 : 高梨乳業株式会社 (Takanashi milk products Co.,Ltd.)
  • 創 業 : 1950年4月13日
  • 本社所在地 : 〒241-0023 横浜市旭区本宿町5番地
  • 事業内容 : 牛乳・アイスクリーム・生クリーム・ヨーグルトなど乳製品全般の製造並びに販売

MAXICON for FOODに戻る